相続税に特化した東京都渋谷区にある税理士法人。資産運用や相続対策でお悩みの方のために
初回無料相談 TEL:03-5468-6700

おまかせください。
相続税・資産税・事業承継

 
   
相続でいちばん大切なことは節税ではありません。
財産の円満な分割の方法と納税方法の決定です。
そのことに真摯に向かえば結果的に節税に結びつきます。
 
 
私ども税理士法人エーティーオー財産相談室は、これまでに、多くの資産家の
皆様や企業オーナーの皆様のご相談にお応えし、お役に立って参りました。
資産設計や相続対策のライフプランのブレーンとして経験豊富な私どもを
是非お役立てください。 機動性のある情報収集力と豊富な相続、資産税の
事例により、きめの細かい最高のオーダーメイドコンサルティングを行います。
 


  • 無料相談

  • ATO通信

  • え~っと通信

  • 今月の言葉

  • 講演会情報
  初回は無料でご面談による
   相続税、資産税、事業承継のご相談を承ります。
相続税対策 初回無料相談
お見積りまで費用は一切かかりません。

相続、贈与、事業承継、不動産の有効活用等の、

資産・相続税に関するご相談を初回のみ無料で

お受けしております。

問題点や疑問点を整理の上、お気軽にご来社下さい。

その上で費用を要する場合には、作業内容に基づく

お見積りを致します。

先ずは電話又はメールにてご連絡下さい。

日程の調整をさせて頂きます。
資産税・相続税対策のご相談・電話でのお申し込み      資産税・相続税対策のご相談・メールでのお申し込み

プライバシーマーク
税理士法人エーティーオー財産相談室は、JIS規格に準拠した個人情報保護に取組んでおります。その一環として、平成19年1月「プライバシーマーク認定」を取得いたしました。これからもお客さまに安心して頂けるよう、個人情報の取扱いについて、管理体制を整備・強化するとともに、社員の意識向上に努め、個人情報の保護に万全を期して参ります。

ATO通信
 月に一度、代表者阿藤 芳明が自身で執筆しております。
 お客様の立場に立って、相続税・贈与税・譲渡税
 など新たな税務の情報や事例をご紹介。
             辛口で税務の現場のナマの姿をお伝えして参ります!


結局、解決されない“タワマン節税”
 本年の税制改正で改正前から注目されていた項目に、いわゆる"タワマン節税"があります。改正内容の詳細は、別途今月号の『え~っと通信』に譲りますが、結論を言えば、大山鳴動して鼠一匹、と言ったところでしょうか。実は筆者はこの程度の改正になることを、かねてから"予測"していました。なぜなら、この改正がそれ程簡単でないことは、火を見るより明らかだからです。


調査能力の低下を嘆く!
 筆者は税理士として、年間に何件もの税務調査に立会う。税目も所得税から法人税、相続税に消費税、たまに源泉所得税や印紙税と多岐に及ぶ。どの税目についても言えるが、昨今の調査官の調査能力低下は著しい。納税する側から見れば歓迎すべき話ではあるが、税理士から見たその原因と実態を探ってみたい。


小規模宅地の特例は共有で?
 『ここはいったん、全員の共有と言う事にしておこう。』相続にあたり、財産分けの話し合いがまとまらない場合、誰かがこんな"名案"?を口にします。この"共有"は誰にとってもまさしく平等で、文句がつけられない分け方だからです。普段、共有は本当の意味での解決にならない、単なる問題の先送りだ、と言ってATOではお勧めしていません。が、時には共有でこんなにお得な事も。

え~っと通信
 毎月職員が交代で執筆しています。
 ただ、自分の順番が回ってくると、その対応は様々です。
 税務のプロとして、日頃の実務や研究の成果を淡々と
             短時間にまとめる者、にわか勉強で急に残業が増える者、
             さて今月は…


191号
 平成27年より相続税の大改正が行われ、亡くなった方のうち相続税が課税される割合が8.0%と平成26年の4.4%より大幅に増えました。
 このような状況下で、少しでも土地の評価を下げる工夫が必要となります。今回は、貸駐車場をお持ちの方に活用方法による土地評価比較の事例です。


190号
 平成28年12月8日に平成29年度の税制改正大綱が発表され、同年12月22日に閣議決定されました。今回は、税制改正の主要項目についてご説明します。


189号
 不動産の共有は避けたいものです。親子間はまだしも、兄弟姉妹間は避けるべき、が通説です。今は仲がよくても、いつも意見が合うとは限りません。いざという時、自分の思うように使用、処分できません。しかし、時と場合によっては、敢えて"共有"という選択肢もあります。今回は、安夫さんの奥様のご実家の相続についての質問のようです。

今月の言葉
 クラブATO会報誌でおなじみの読み物「今月の言葉」が満を持してホームページに登場!
 日本語の美しさや、漢字の奥深い意味に驚いたり、その時々の時勢を分析していたりと、中々興味深くお読み頂けることと思います。


クラクション
 車のクラクションを、法律用語では、警音機と言うのだそうだ。まあ、平たく言えば「警笛」と和訳するのが妥当なところかもしれない。
 クラクションは、自動車が自分に気づいてくれない他者(他の車でも、人間でも、動物でも)に自己の存在を気づかせるために音を発する道具である。


タンゴ その2
 前回は、日本におけるタンゴの風俗史のようなことを漫然と書いたので、今月は、タンゴの音楽史を要約して書くことにする。
 タンゴは、1870年頃アルゼンチンは、ブエノスアイレスの港町、「ラ・ボッカ」で生まれた。


タンゴ その1
 この稿の筆者が、大学時代放送のクラブに属していたことは以前書いた。
 そのクラブは、百数十人も部員がいる、いわゆる「文連大手」のクラブで、六大学野球のアナウンスやら、学園祭のPA(バンドなどの音声調整、ミキシング)、卒業レコードの制作などでしっかりビジネスをしていて、世間のちょっとしたプロダクションみたいな感じであった。

各種講演会・勉強会の講師を承っております
2~3時間程度のものから、1日~数日研修に至るまで、様々なニーズにお応え
できるものと思っております。
資産の活用、相続対策に絞った最近の講演テーマは…
税理士なら知っておきたい相続税対策の具体的提案方法
~現状分析による納税額の把握から、分割・納税方法の準備まで~
Ⅰ.第一段階は現状分析、相続税の総額の試算のために
 1.法律上の妻の地位
 2.贈与税における配偶者の特例
 3.贈与は税務署にバレるか?
Ⅱ.現状分析による問題点の抽出とその解決法
 1.離婚に伴う課税関係
 2.贈与税における配偶者の特例
Ⅲ.絶対に避けるべき共有を回避するために
 1.小規模宅地の特例
 2.贈与税における配偶者の特例
Ⅳ.円滑な分割案の決定と遺言書の作成開始
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅴ.遺言作成までにするべき事
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅵ.遺留分の侵害にどう対応するか
 1. 事例で考える再婚の実態
もう一度、確認しよう家族の絆、愛だけでは済まない税務の世界!
~結婚、離婚、生前贈与に最後は相続(争続)、どこまでも逃れられない税務の世界を2時間で勉強しよう~
Ⅰ.税務上の妻の座
 1.法律上の妻の地位
 2.贈与税における配偶者の特例
 3.贈与は税務署にバレるか?
 4.贈与の上手な活用法
 5.失敗事例から学ぼう
Ⅱ.税務で考える離婚の損得勘定
 1.離婚に伴う課税関係
 2.熟年離婚の実態とその後の行方
Ⅲ.税務署が考える親孝行と世間の実態
 1.小規模宅地の特例
 2.3世代同居の住宅税制
 3.同居家族、独居老人の実態
Ⅳ.再婚と言う手もあるが・・・・・
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅴ.男女の性差による脳の違いを知る!
サイト内検索 powered by Google
土地所有者の皆様へ(相続)

企業オーナーの皆様へ(事業承継)

ATO通信
ATO通信最新号

え~っと通信
え~っと通信最新号

え~っと通信
え~っと通信最新号

定期セミナーのご報告

Copyright (C) ATO. All Rights Reserved
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー17階 TEL:03-5468-6700