相続税に特化した東京都渋谷区にある税理士法人。資産運用や相続対策でお悩みの方のために
初回無料相談 TEL:03-5468-6700

おまかせください。
相続税・資産税・事業承継

 
   
相続でいちばん大切なことは節税ではありません。
財産の円満な分割の方法と納税方法の決定です。
 
     


  • 無料相談

  • ATO通信

  • え~っと通信

  • 今月の言葉

  • 講演会情報
  初回は無料でご面談による
   相続税、資産税、事業承継のご相談を承ります。
相続税対策 初回無料相談
お見積りまで費用は一切かかりません。

相続、贈与、事業承継、不動産の有効活用等の、

資産・相続税に関するご相談を初回のみ無料で

お受けしております。

問題点や疑問点を整理の上、お気軽にご来社下さい。

その上で費用を要する場合には、作業内容に基づく

お見積りを致します。

先ずは電話又はメールにてご連絡下さい。

日程の調整をさせて頂きます。
資産税・相続税対策のご相談・電話でのお申し込み      資産税・相続税対策のご相談・メールでのお申し込み

プライバシーマーク
税理士法人エーティーオー財産相談室は、JIS規格に準拠した個人情報保護に取組んでおります。その一環として、平成19年1月「プライバシーマーク認定」を取得いたしました。これからもお客さまに安心して頂けるよう、個人情報の取扱いについて、管理体制を整備・強化するとともに、社員の意識向上に努め、個人情報の保護に万全を期して参ります。

ATO通信
 月に一度、代表者阿藤 芳明が自身で執筆しております。
 お客様の立場に立って、相続税・贈与税・譲渡税
 など新たな税務の情報や事例をご紹介。
             辛口で税務の現場のナマの姿をお伝えして参ります!


亡くなる日は選べませんが
 相続税や贈与税の土地の評価にあたっては、市街地は原則として路線価で計算することになっています。その路線価は、毎年1月1日時点での時価であり、それがその年1年を通して適用されるルールです。しかし、現在のような状況下、地価の下落が著しい地域もあるようで、税務署も年の途中で路線価を調整する異例の事態が…。


不要なのはハンコだけか?
 今年も間もなく確定申告の季節が始まります。その確定申告書をはじめ、税務に関する提出書類には押印しなければならないものが数多いことはご存じのとおりです。
 しかし、昨今、ハンコは不要との議論も盛んにおこなわれているようです。筆者もそれに異を唱えるものではありませんが、不要と言うか形式だけのものは他にもありそうです。デジタル化に向けてハンコ以外のテーマも見ていきましょう。


資産の組換え(2)
 今月も前号に引き続き、資産の組換えについてです。前号では資産の組換えで、課税の繰り延べになる場合の注意喚起をしたところで話が中断しています。それの後半部分と、更なる資産の組換えについても検証していきましょう。話は交換や等価交換と言われる手法にまで発展していきます。

え~っと通信
 毎月職員が交代で執筆しています。
 ただ、自分の順番が回ってくると、その対応は様々です。
 税務のプロとして、日頃の実務や研究の成果を淡々と
             短時間にまとめる者、にわか勉強で急に残業が増える者、
             さて今月は…


239号
 中小企業の事業承継は我が国の喫緊の課題です。経営者の高齢化は急速に進んでいます。対策なしでは今後多くの雇用が失われ、GDPも減少すると試算されています。経営者や後継者にとって事業承継にかかる税金は不安がつきまといます。これに対処するために現在は事業承継税制が設けられています。当初は使い勝手が悪く適用実績は乏しい状況でした。これを踏まえ平成30年度税制改正により、従来の一般措置を抜本的に拡充した時限的な特例措置が創設されました。ようやくこの制度の活用を真剣に検討すべき時が来たと言ってもいいでしょう。今回はこの新・事業承継税制(特例措置)について、生前に計画的に譲ることとなる「贈与」に絞って見ていきます。


238号

 令和3年度の税制改正大綱が令和2年12月10日に公表されました。今回はこの税制改正の主要項目のうち、特に注目すべき点をピックアップしてお届けします。




237号
 ご承知のとおり、「申告納税制度」とは、自ら正しく収入・経費を記録・集計し、税法に従い納税額を計算し、税務署等に申告・納税するというもので、自主的な申告・納税によって納税額が確定することを原則としています。
 対象税目としては、国税では、法人税、所得税、相続税、贈与税、消費税など、地方税では、法人県民税、法人市民税などがあります。
 さて、「申告納税制度」は、自ら申告と納税をするという極めて民主的な制度ですが、導入時からうまく機能したのでしょうか。

今月の言葉
 クラブATO会報誌でおなじみの読み物「今月の言葉」が満を持してホームページに登場!
 日本語の美しさや、漢字の奥深い意味に驚いたり、その時々の時勢を分析していたりと、中々興味深くお読み頂けることと思います。


告解(続)
 前号では、この稿の筆者がカトリックのキリスト教徒の家に生まれ、生まれて直ぐに幼児洗礼というものを受けさせられてクリスチャンになったこと。子供の頃からカトリック教会の「公教要理」という宗教教育を受けて、教会内での「初聖体拝領」とか「堅信の礼」などの通過儀礼もとびきり早く受けて、信者としての出世が早かったこと。だが、毎週自らの罪を…


告解
 特定宗教の儀式の是非を論じるのは本欄にはふさわしくないかもしれないが、以下はこの稿の筆者の実体験に基づくもので、なんら脚色せずに述べることをご容赦願いたい。
 筆者の両親は、敬虔なカトリックのキリスト教信者であった。もう少し詳しく書くと、両親は敗戦後の…


入試改革(再)
 2018(平成30)年8月に「入試改革」を掲載したときも、入試改革反対論者は「まだどうなるかわからない」と、余裕綽々で言っていたものだ。が、流石にこの稿の筆者も、十年ほど前から進められ、2021年2月をめざしてきた入試改革が、ガンラガラガラと崩壊し、土壇場に来て何もかもが跡形もなく消え去ってしまうとは思わなかった。が、一昨2019年暮れに…

各種講演会・勉強会の講師を承っております
2~3時間程度のものから、1日~数日研修に至るまで、様々なニーズにお応え
できるものと思っております。
資産の活用、相続対策に絞った最近の講演テーマは…
税理士なら知っておきたい相続税対策の具体的提案方法
~現状分析による納税額の把握から、分割・納税方法の準備まで~
Ⅰ.第一段階は現状分析、相続税の総額の試算のために
 1.法律上の妻の地位
 2.贈与税における配偶者の特例
 3.贈与は税務署にバレるか?
Ⅱ.現状分析による問題点の抽出とその解決法
 1.離婚に伴う課税関係
 2.贈与税における配偶者の特例
Ⅲ.絶対に避けるべき共有を回避するために
 1.小規模宅地の特例
 2.贈与税における配偶者の特例
Ⅳ.円滑な分割案の決定と遺言書の作成開始
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅴ.遺言作成までにするべき事
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅵ.遺留分の侵害にどう対応するか
 1. 事例で考える再婚の実態
もう一度、確認しよう家族の絆、愛だけでは済まない税務の世界!
~結婚、離婚、生前贈与に最後は相続(争続)、どこまでも逃れられない税務の世界を2時間で勉強しよう~
Ⅰ.税務上の妻の座
 1.法律上の妻の地位
 2.贈与税における配偶者の特例
 3.贈与は税務署にバレるか?
 4.贈与の上手な活用法
 5.失敗事例から学ぼう
Ⅱ.税務で考える離婚の損得勘定
 1.離婚に伴う課税関係
 2.熟年離婚の実態とその後の行方
Ⅲ.税務署が考える親孝行と世間の実態
 1.小規模宅地の特例
 2.3世代同居の住宅税制
 3.同居家族、独居老人の実態
Ⅳ.再婚と言う手もあるが・・・・・
 1.事例で考える再婚の実態
Ⅴ.男女の性差による脳の違いを知る!
サイト内検索 powered by Google
税理士.Ch 確かな「情報力」と人への感謝(阿藤芳明)

土地所有者の皆様へ(相続)

企業オーナーの皆様へ(事業承継)

ATO通信
ATO通信最新号

え~っと通信
え~っと通信番外編

え~っと通信
え~っと通信最新号

定期セミナーのご報告

Copyright (C) ATO. All Rights Reserved
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー17階 TEL:03-5468-6700