税理士法人ATO財産相談室
お問い合わせサイ トマップ | 個人情報保護方針
皆さまのライフプランの実現を目指す資産設計や相続対策、そして企業再編プランなど、オーダーメイドでご提供します
HOME 事業案内 クラブATOご紹介 会社案内 ATO通信
えーっと通信(スタッフリレー)
資産税相談 HOME > ATO通信(税務情報・所長の一刀両断) > 5111号

税理士法人エー・ティー・オー財産相談室 平成13年8月31日


■要は分割の仕方です
 

5111号

相続と言えば、条件反射的に『財産分けの紛争』が頭に浮かびます。しかし、分け方次第で節税になるケース。はたまた争いどころか譲り合いのケースまで、色々な分割方法のご紹介です。

1.分割もやり方一つです

先ずは図イをご覧下さい。50万円と70万円の二方の道路に接する土地が100坪です。これを、被相続人が使っていた、そのままの形で相続すれば、二方の路線価の影響で非常に評価の高い土地になってしまいます。 一方、図ロのように、AとB別々の相続人がそれぞれに分割して相続すればどうでしょう?Aは50万円の道路だけ、Bは70万円の道路だけに接する評価となり、評価額は軽減です。 本来、相続財産は被相続人が利用していた、その利用単位ごとの評価です。しかし、分割して取得した場合には、その取得した土地ごとの評価になるのです。

2.やり過ぎは不合理分割!

それではここで、もうひと工夫。図のハやニのように分割したらどうなるでしょう?
ハにおいては、Bは無道路地、評価は激減です。図ニだってBは道路に点の状態でしか、接してはいないのです。 結論から言えば、これは不合理分割と言い、AとB全体での評価が基準となってしまいます。分割後の画地が著しく不合理であれば、分割前に引き戻して考えなければならないのです。 具体的には@無道路地又は帯状地A著しく狭隘な宅地B現在のみならず、将来的にも有効な土地利用が困難な土地等々です。

3.遺言は多過ぎます。そんなにいりません!

さて、話は一変します。相続における分割のもめ事は、基本的にはもっと自分の取り分が欲しいというものです。人間誰しも自分の取り分は多いに越したことはありません。 遺言を残して亡くなった方がおられました。そこには、財産の大半を占める土地を妻と長男、若干の預金を嫁いだ長女へと記されていたのです。よくあるパターンですが、文句が出るとすれば、長女でしょう。ところが長男が、自分が長女に比して多過ぎる、こんな遺言承服できないと言いだしたのです。 結果、遺言は無かったことにし、分割協議によって長女の取得分を増やす事にしたのです。 筆者も長いこと税理士をやっていますが、初めての経験でした。

4.私は何もいりません!

世の中には欲のない人もいるものです。相続人は姉と妹。姉は嫁いで実家を出、妹が親の面倒を見ておりました。このケース、億単位の財産ですが遺言はなく、分割協議で決着です。普通はここで次のような展開が。姉『嫁いだとは言っても私は長女、半分の権利はあるはずよ。』、これに対し妹は『自分で好きに出ていって、誰が親の面倒見たって言うの、あなたにそんな事言う権利はないわ!』  が、筆者の期待を裏切って、姉は自分の住む土地さえ主張せず、妹も妹で住む所さえあれば土地なんて…

5.最近の相続における傾向と対策

ただ、上記はいずれも例外的なケース。こんな例ばかりなら、税理士なんて寝ていたってつとまりそうです。 概して言えるのは、子供がいない場合、現金は別にして土地は人気がないようです。バブル崩壊後の地価の値下がりのせいでしょうか?若い人には特にこの傾向が顕著です。親が土地の保有、活用で苦労しているのを見ているせいでしょう。土地はいらない、金残せ、でしょうか? 
筆者もお客様の苦労を沢山見てきたためでしょうか、土地は持たないことにしております。(世の中ではこの手を、持たざる者の負け惜しみとか?)


資料請求
資産税相談 HOME事業案内クラブATO資料請求会社案内ATO通信え〜っと通信
スタッフ紹介人財募集資産税講演税理士の方へお問い合わせサイトマップ
税理士法人エーティーオー財産相談室
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー17階
税理士法人 エーティーオー財産相談室
TEL.03-5468-6700 
平日(月〜金) 午前9:00〜午後5:30
Copyright 2004-2006 ATO. All rights reserved.