税理士法人ATO財産相談室
お問い合わせサイ トマップ | 個人情報保護方針
皆さまのライフプランの実現を目指す資産設計や相続対策、そして企業再編プランなど、オーダーメイドでご提供します
HOME 事業案内 クラブATOご紹介 会社案内 ATO通信
えーっと通信(スタッフリレー)
HOME > え〜っと通信(スタッフリレー) > 9号


日本版リートで時代をリード!? 
〜不動産投資信託〜

執筆者/竹下慶子
9号

1.不動産投資信託って何?

東京証券取引所で、新しく不動産投信市場が創設され、9月10日から取引がスタートしました。この不動産投資信託は一般的に"リート"(REIT=Real Estate Investment Trust)と呼ばれています。投資者から集めた資金75%以上を賃貸ビル等の不動産で運用し、その賃貸料等から生まれた運用益を分配金として投資者に支払われる金融商品です。  具体的な形態は以下のとおりです。

投資法人は不動産を保有するのみで、それ以外の業務は認められていないため、実際の運用等は投資信託委託会社が行います。

投資を検討する際、当然気になるのが配当です。不動産投信では、収益から必要経費等を除いた配当可能利益の90%超が配当されます。普通の株式の配当と比較して、なぜこんなに高配当率になるのでしょう。普通の会社では、法人税等が課税された後の利益の一部を株主に配当します。それに対し、不動産投信は、配当可能利益の90%超を投資者に配当することにより、法人税が免除される仕組みなのです。そのため、法人税課税を免れるためには、90%超配当しなければならないのです。

2.個人投資家の税務上の取り扱いは?

出資の配当は、株式の配当と同様に、配当所得となります。従って、配当金が支払われる際、20%源泉徴収されているのも、10万円以下の少額配当の場合には申告不要制度が利用できるのも同じです。また、売却したときも同様で、売却代金の1.05%の課税で済ませる源泉分離課税も選択できます(平成15年3月末まで)。 ただし、配当控除、平成13年10月から施行される「申告分離課税の適用における長期所有上場株式等の譲渡所得に対する100万円特別控除制度」の適用はありません。

今回はREITの仕組みと税務上の取り扱いについてご紹介しました。現物の不動産そのものよりも購入しやすく売りやすい。また、国債よりもリスクは高いものの利回りが高くインフレに強いREIT。日本版REITで、株式市場・不動産市場が活性化することを期待します。


資料請求
HOME事業案内クラブATO資料請求会社案内ATO通信え〜っと通信
スタッフ紹介人財募集資産税講演税理士の方へお問い合わせサイトマップ
税理士法人エーティーオー財産相談室
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー17階
税理士法人 エーティーオー財産相談室
TEL.03-5468-6700 
平日(月〜金) 午前9:00〜午後5:30
Copyright 2004-2006 ATO. All rights reserved.